人気・コスパ・評判!ゲーミングPCおすすめ三か条!

Fallout4用おすすめゲーミングPCを使えば重いのを解消できます

Fallout4はグラボ、CPU、メモリの性能が全部必要!

異常なほど重いと騒がれているFallout4。街では多くの建造物があって重くなり、森に入るとさらに重くなって・・・とスペックが足りないとFallout4がカクカクして快適にプレイできません。

 

最新グラボを使っている人でも「森ではフレームレートがかなり落ちる」なんて事態になっています。でもどうやらその原因はグラボだけではFallout4をサクサクにできないからです。CPUとメモリによってフレームレートが大きく変わるのです。

 

Fallout4推奨スペック以上のパーツを使おう

つまりグラボだけアップグレードしても仕方がありません。Fallout4推奨スペックに記載されている以上の性能を持つCPUやメモリにしないとどうしても重くなってしまいます。実際CPUとメモリが微妙でGTX980Ti OCを使った場合、場所によってガクガクになります。

 

  • CPU:Intel Core i7-4790(3.6GHz)
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX780 3GB以上

 

要注意なのがCPUです。動作周波数がこれより低いCPUだと10fps、20fpsは低くなります。メモリも同様でFallout4推奨スペック通り8GBでは足りません。最低でも16GB搭載してください。

 

グラボはGTX1070かGTX1080がおすすめです。GTX980Tiはこれらに比べてコスパが悪いので候補外です。普通に遊ぶならGTX1070でOKです。でもMODを入れるならGTX1080のほうがおすすめです。

 

Fallout4用おすすめゲーミングPC

結局ちまちまとパーツを交換するよりも、Fallout4のために新しくゲーミングPCを買ったほうが簡単です。最近のPCゲームはどれもFallout4並の重さなので、これを機に買い換えたほうが楽しいゲームライフを過ごせます。

 

ガレリア ZF
 グラボ  GeForce GTX1070 8GB
 CPU  Core i7-7700K
 メモリ  16GB
 ストレージ  250GB SSD + 3TB HDD

最有力候補はGTX1070、Core i7-6700K、メモリ16GBのゲーミングPCです。Fallout4をサクサクにする条件を完璧にクリアしています。自分の街に建造物を増やしても重くならないので本当におすすめです。

 

>>ガレリア ZFの価格はこちら

 

ガレリア ZG
 グラボ  GeForce GTX1080 8GB
 CPU  Core i7-7700K
 メモリ  16GB
 ストレージ  250GB SSD + 3TB HDD

MODでがっつり遊ぶならGTX1080搭載ゲーミングPCのほうがおすすめです。MODってどれも基本的にゲーミングPCへの負荷が増えるので、GTX1070よりはGTX1080のほうが絶対に安定します。

 

>>ガレリア ZGの価格はこちら