人気・コスパ・評判!ゲーミングPCおすすめ三か条!

とにかく重い!バトルフィールド1におすすめのゲーミングPC

バトルフィールド1にはGTX1060以上がおすすめです

バトルフィールド1(BF1)をプレイしてみて驚愕しました。まさかこんなに重いとは予想していなかったからです。最近のFPSは推奨スペックがどんどん上がっていますね・・・。

 

バトルフィールド1をプレイするには少なくともGTX1060が必要です。GTX1060でもマルチだと60?80fpsくらいです。もしも144fps以上出そうと思ったらGTX1080が必要になります。

 

バトルフィールド1推奨スペック

公式サイトには最低動作環境だけが掲載されています。そこで私がマルチプレイした感触から、バトルフィールド1推奨スペックを書いてみます。

 

60fps以上出せる推奨スペック
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX1060

 

144fps以上出せる推奨スペック
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1080

 

コンクエストの場合、マップが広くて人数が多いせいかfpsがかなり不安定です。120fps出るときもあれば80fpsしか出ない時もあります。ただ、GTX1060さえ使っておけば60fpsを下回ることはありませんでした。

 

144fpsはちょっと難しいです。GTX1080を使えばほとんどの状況で144fpsを出せていましたが、砂嵐が吹いている時は130fpsくらいまで下がっていました。GTX1070だと性能がちょっと足りないので、バトルフィールド1ガチ勢にはGTX1080がおすすめです。

 

バトルフィールド1におすすめのゲーミングPC

では具体的にバトルフィールド1のためにどんなゲーミングPCを購入すればいいかを解説します。上で書いたようにバトルフィールド1は非常に重いので、低スペックだとカクカクします。しっかりしたスペックのゲーミングPCをおすすめします。

 

ドスパラ「ガレリア XT」
 グラボ  GeForce GTX1060 6GB
 CPU  Core i7-7700
 メモリ  8GB
 ストレージ  2TB HDD

80fpsくらい出せればいいというバトルフィールド1プレイヤーにはGTX1060搭載ゲーミングPCで人気No.1のデスクトップをおすすめします。カジュアルプレイヤーには最適なゲーミングPCです。

 

ちなみにGTX1060 6GBとGTX1060 3GBではビデオメモリ量だけでなく、そもそもスペックが違うので、GTX1060 6GBを選ぶようにしてください。

 

>>ガレリア XTの価格はこちら

 

G-Tune「NEXTGEAR i660PA1-Dustel」
 グラボ  GeForce GTX1080 8GB
 CPU  Core i7-7700K
 メモリ  16GB
 ストレージ  480GB SSD + 3TB HDD

ガチ勢にはGTX1080搭載ゲーミングPCがおすすめです。G-TuneはCore i7-7700K、メモリ16GB、SSD+HDDというパーツ構成なのにとても安い価格で販売してくれています。

 

他のBTOメーカーよりも確実に安いので、ハイスペックPCが欲しい人は今ならG-Tuneがベストチョイスです。試しに比較してみたらこちらのほうが3万円も安かったです。

 

>>NEXTGEAR i660PA1-Dustelの価格はこちら

 

ドスパラ「ガレリア GKF1060GF」
 グラボ  GeForce GTX1060M 6GB
 CPU  Core i7-7700HQ
 メモリ  8GB
 ストレージ  250GB SSD + 1TB HDD

ゲーミングノートPCでバトルフィールド1をプレイするなら、GTX960M、GTX965M、GTX970Mではスペック不足です。最新のGTX1060がボーダーラインです。

 

デスクトップのGTX1060より若干性能が落ちるものの、バトルフィールド1で60fps以上出すことが可能です。でもカスタマイズでメモリを16GBにしてあげたほうが動作が安定しますよ。

 

>>ガレリア GKF1060GFの価格はこちら